確率

商標登録のご相談をいただいた際に、調査して登録できる可能性を検討して説明している。

先日、「この内容だと登録は難しいですね。登録できる可能性は10%くらいしかないと思います。」と説明すると、「可能性10%だったら、同じ内容で10件出願します。そのうち1件でも登録できればいいので。」と返答されてビックリした。

同じ内容なら同時に何件出願しても同じ結果になることを伝えたが、説明の難しさを痛感した。

「くじ引き」で「当たりが出るまでひく」みたいな感覚だったのだろうなー。